業務内容のご紹介

型枠工事はコンクリート造りの建物を建てる時に必要になる作業。

コンクリート造りの建物は、まず枠を作ってそこにコンクリートを流し込むことで形を作っていきます。このコンクリートを流し込む枠が型枠です。

そして、その枠を作る工事、及びコンクリートが固まった後に解体する工事をまとめて型枠工事といい、建物の基礎を作る上で重要な作業となりますので、高い技術力が求められます。

また、経験を元に臨機応変に考える力もなくてはなりません。

それは、同じ建物・同じ条件下という事が少なく、一つ一つの建物に合わせた型枠を施工していく必要があるからです。

コンクリートは一度流しこむと修正がきかないので、一つひとつの作業を丁寧に行う必要があります。

「型を作る仕事」と一言で言っても、型枠工事は奥が深く、責任が求められる仕事なのです。

安全で正確な工事

型枠工事

弊社ではとにかく「安全で正確な工事」ということにこだわっております。

建物の基礎を支える工事ですので、高い安全性は必要不可欠です。

そのために細かな部分までしっかりと目配りをし、正確な施工をお約束します。

技術・知識が豊富な職人

型枠工事

弊社はこれまでに数多くの工事を行っており、経験を活かした施工を行っています。

その場その場の施工ではなく、しっかりと順序立てて、お客様に説明を行なった上で作業を進めてまいりますので、安心してお任せ下さい。

施工の流れ

STEP1 拾い出し

施工図面を元に、パネル加工が出来るように加工図を作ります。

型枠は建物によって違ってきますので、形を確認しながら、パソコンのソフトを使用して作成します。

次へ

STEP2 型枠パネル加工

加工図を元に、型枠パネルを加工していきます。

順に材料を切断し、組み立てを行います。

次へ

STEP3 墨出し・敷桟

現場で枠組みを建てる位置を線や印で表していきます。

墨出し後、印を打った場所に桟木を釘でうっていきます。

これを元にパネルを設置していくため、非常に重要な作業です。

次へ

STEP4 組立・締付

出しに合わせて型枠を組み立てていきます。

コンクリートを流し込む際に強度が必要になりますので、水平垂直を常に確かめながら組み立てます。

その後、しっかりと型枠を締め付け、固めます。

次へ

STEP5 コンクリート打設

作った型枠にコンクリートを流し込みます。

流しこむ時に大きな圧力がかかりますので、型枠の状態を常にチェックします。

次へ

STEP6 解体

コンクリートが固まったら、型枠を取り外します。